ディズニープラスのマーベルドラマ、具体的な話数を明かす - エピソードによっての長さも異なる?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベル・スタジオは間もなく初のスピンオフドラマである『ワンダヴィジョン』をディズニープラスで配信しようとしている。
その後も数多くのドラマ作品が予定されているが、今のところ話数などについては曖昧なままだった。

新たな情報によると今後予定されているマーベルドラマの話数やエピソードごとの長さの方針について明らかになった。

大体5時間~6時間ぐらいに?

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は海外メディアのコライダーのインタビューに答え、Disney+ (ディズニープラス)で配信されるマーベルドラマの話数についてコメントしてくれた。

How Long Are Marvel’s Disney+ Shows? Kevin Feige Talks ‘Loki’, ‘Falcon and the Winter Soldier’, and ‘She-Hulk’

『私たちはドラマを6時間のエピソード、または9~10話ほどの30分のエピソードとして開発することを考えています。』

各ドラマの合計時間が6時間、または30分のエピソードを9~10話ほどの構成で製作しているとのことだ。
そうなると、1時間のエピソードが6話構成のものというのもありえるということだ。

一方でエピソードごとの長さについて非常に曖昧であり、ストリーミングだからこそできる時間の調整のようなものも行っているようだ。

『「ファルコン&ウィンターソルジャー」は30分だったが、ストリーミングであり、ディズニープラスでもあり、ルール自体は曖昧になっている。23分になることもあれば、もっと長くなることもある。例えば「シー・ハルク」は全10話の30分エピソードとして開発しています。そのうちいくつかは長くなり、いくつかは短くなっている。「ロキ」「ファルコン&ウィンターソルジャー」は40~50分のエピソードが全6話構成として開発されています。』

ドラマによってはだいぶ構成が異なることを明かしてくれた。なぜこのようなフォーマットの違いを出しているのかはわからないが、全体的なシリーズの長さはほぼ同じなようにも見える。

新しい取り組みとなるマーベルのドラマシリーズ。今後の展開にも注目をしていこう。
1作目となる『ワンダヴィジョン』は2021年1月15日よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信予定

関連記事を読む

コメントをする