ディズニー+、MCU映画の未公開シーンも視聴可能か? - オランダの先行ユーザーが確認

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2019年11月12日から米国にてサービス開始がアナウンスされたウォルト・ディズニー社が送る動画ストリーミングサービスのディズニー+。月額が6.9ドル、年額が69.9ドルでディズニー作品をはじめとした、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナルジオグラフィックスなどの作品を楽しむことができます。

世界中でも話題になった映画を数多くディズニー+ですが、実は映画本編だけではなくカットされたシーンも視聴できることが明らかになりました!

DVD版と同じものなのか?

現在オランダで試験版として利用することができるディズニー+には、マーベル作品の未公開シーンも楽しみことができるとオランダのユーザーが、海外の掲示板Radditにて投稿しています。

Extras including gag tells and deleted scenes will are on Disney+ from r/marvelstudios

トップの『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の下には「Deleted Scene(削除されたシーン)」という文言と共に、本編で未公開となったシーンを視聴できることがわかると思います。おそらくはディズニー+は映画本編だけでなく、未公開のシーンも合わせて鑑賞することができるのでしょう。
ちなみにこの未公開シーンがDVDに収録されていたものを同一のものなのかはわかりません。

ディズニー+はサービス開始当初からMCU作品すべてをリリースするわけではなく、まずは4作品(アイアンマン、アイアンマン3、キャプテンマーベル、マイティ・ソー/ダーク・ワールド)がラインナップされ、12月11日に『アベンジャーズ/エンドゲーム』が視聴することができるようになるとのことです。
年始にはさらに『アントマン&ワスプ』『ブラックパンサー』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『アイアンマン2』『マイティ・ソー/バトルロイヤル』が追加されることが判明しています(すべて米国での情報)。
これらの作品が公開されるとともに、映画の未公開シーンも視聴可能になるのかもしれませんね。

まさにマーベルの作品を思う存分楽しむことができるディズニー+。現在日本でのサービス開始に関する情報は流れてはいません。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です