ディズニープラス、6月11日に日本でサービス開始! - デラックス会員はプラスへ自動移行に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ウォルト・ディズニー社が展開をしている動画ストリーミングサービスの「Disney+ (ディズニープラス)」が、ついに日本で6月11日より開始されることが明らかになった!

合わせて日本でのサービス名称は「Disney+ (ディズニープラス)」からカタカナの「Disney+ (ディズニープラス)」となることも判明した。

ディズニープラスでは、今までのディズニー作品をはじめ、ピクサー作品、ルーカス・フィルムの『スターウォーズ』シリーズや、マーベルスタジオの映画やドラマ、ナショナルジオグラフィックなどを楽しむことができる。
”コンテンツの王者”が始めた最強のストリーミングサービスだけあって、日本での開始も待ちに待ったものだった。

ちなみに日本ではすでに『ディズニー・デラックス』という類似サービスが始まっており、すでにデラックス会員になっている人はどうなるのかと気になることでしょう。
ご安心を。デラックス会員はプラスが始まると同時に自動的にディズニー・プラス会員に移行されることが公式にアナウンスされている。

契約の更新や月額料金も変わることなく新しいサービスを楽しむことができるようになる。ユーザビリティーにもしっかりと配慮されているのだ。
同時にディズニー・デラックスはプラスへの前身サービスだったことも明らかにされた。

ディズニープラスでは今まで公開・放送されてきた作品だけではなく、オリジナル作品の配信も予定している。
すでにデラックスでも配信されているスターウォーズオリジナルドラマ『マンダロリアン』はシーズン2からプラスでの配信となる。

またマーベルスタジオオリジナルドラマも複数用意されている。
『ファルコン&ウィンターソルジャー』『ワンダヴィジョン』は年内の配信を予定しており、2021年には『ロキ』『ホークアイ』、そしてアニメ作品の『WHAT IF…?』が予定されている。
『シー・ハルク』『Ms.マーベル』『ムーンナイト』は2022年の配信といわれている。

そしておそらくは20世紀スタジオ作品も追加されると予想され、マーベルファンならば『X-MEN』シリーズも視聴できるのではないかと予想される。R指定作品の『デッドプール』や『ローガン』がどうなるかは不透明だ。

ちなみに現時点で配信が決定している20世紀FOX作品は公式サイトでもアナウンスされている。

20世紀ピクチャーズ作品は何が入りますか? – 「ディズニーシアターに関する重要なお知らせ」

日本のファン待望のディズニープラス。6月11日からはさらにオタク活動がはかどること間違いなしだ!

関連記事を読む

コメントをする