『ディズニー+』が11月12日より米国にてサービス開始!マーベル、スターウォーズなどのティザー動画も公開

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ウォルト・ディズニー社が満を持して展開する動画ストリーミングサービスの「ディズニー+」が2019年11月12日より米国にてサービス開始されることがアナウンスされました!


動画の中にはディズニーが傘下に置くピクサー作品や、ルーカス・フィルムの『スターウォーズ』シリーズ、マーベル・スタジオのMCUシリーズナショナルジオグラフィックスなどの世界中で人気を誇る作品たちがラインナップされることが予告されています。ここに数か月前にディズニー社が買収した20世紀FOXも含まれると予想されます。

現在はアメリカで先行登録予約が開始されており、価格は1ヵ月が6.99ドル(日本円で約750円)、1年契約で69.99ドル(約7500円)となっています。価格的には1年契約の方がお得ですね。また先行予約には1週間の無料トライアル期間もついてくるとのこと。

ディズニー+ではご存知の通り今まで公開されてきた映画作品やアニメ、ドラマだけではなく、オリジナル作品の製作もアナウンスされています。マーベル・スタジオからは『ロキ』『ワンダヴィジョン』『ファルコン&ウィンターソルジャー』『ホークアイ』『シー・ハルク』『ムーンナイト』『ミズ・マーベル』、そしてアニメ作品の『WHAT IF…?』が配信される予定です。いずれも映画と大きく影響し合う作品としてファンからも注目を集めています。

日本でのサービス開始時期や価格がどうなるのかは不明ですが、世界展開をしている作品も多くあるため、いずれ日本でも利用することができるようなると考えられます。ドコモと提携して展開されているディズニーデラックスとの兼ね合いがどうなるのかも気になるポイントですね。

ちなみにディズニー+のURL「disneyplus.com」にアクセスすると、「preview.disneyplus.com/jp」という日本語のティザーサイトにリダイレクトされるようになっています。日本語サイトが用意してあることを考えると、近いうちに何かしらのアナウンスがあるのではないかと予想できますね。

ディズニー+に関する新たな情報が入りましたらお知らせします。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です