ディズニー、20世紀FOXの買収が完了!ハリウッド映画市場の3割を占めることに!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ウォルト・ディズニー社がついに20世紀FOXの買収を完了させたことを公式に発表しました。


今回ディズニー社が21世紀FOXから得た事業は、映画部門の20世紀FOX、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ、Fox 2000、フォックス・ファミリー、フォックス・アニメーションズ、テレビ部門の20世紀FOXテレビジョン、FXプロダクション、 Fox 21テレビジョン・スタジオズ、FXネットワークス、ナショナルジオグラフィック・パートナーズ。またHuluなどのFOX社が保有している株式も同時に移ることになりました。

これに合わせて同社のボブ・アイガー会長は次のようなコメントをしています。

『これは私たちにとって並外れた歴史的な瞬間です。当社と株主にとって大きな長期的価値を生み出すものです。ディズニーと21世紀フォックスの豊富なクリエイティブコンテンツと実績のある才能を組み合わせることで、抜群のダイナミックで変革的な時代をリードする優れたグローバルエンターテインメント会社が生まれました。』

今後は20世紀FOXが築き上げてきた作品たちがディズニー社に集約されていき、さらなるコンテンツビジネスに拍車がかかることになりそうです。
ただ基本的には20世紀FOXに今まで通りの製作を任せるといわれていますので、直近で大きく変わるようなことは少ないかと思われます。

マーベルファンにとっては『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』が実質的にマーベル・スタジオへ帰属することとなるので、MCUシリーズへの参戦にも期待が寄せられています。
現状では『X-MEN』シリーズがどのような方向進むかは不透明ではありますが、R指定作品の『デッドプール』は今後も継続して製作されていくことが海外メディアから報じられていました。

ディズニー社は今年から独自ストリーミングサービスの「ディズニー+」を開始する予定で、その中で20世紀FOX作品の配信もされるのではないかと予想されています。日本ではNTTドコモとタッグを組み3月から動画配信サービスを開始される予定です。

これでディズニーはハリウッドの映画市場の3割を占めることになります。まさに文字通りの巨大企業となったことで、今後のエンターテイメント産業に多いな影響を与えていくことでしょう。
また今後の動きにも注目していきましょう!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

  1. アバター 匿名 より:

    今まで通り、Foxから廃価版のBlu-rayが発売されるといいですね。
    ディズニー式の販売は、絶対にして欲しくないと、僕は強く思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です