ディズニー、独自ストリーミングサービスでR指定は配信しないことを検討。Netflixなどのマーベルドラマは留まる方向に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベルや『スターウォーズ』シリーズのルーカス・フィルムを傘下に置くウォルト・ディズニー社は、2019年に独自のストリーミングサービス(動画配信)を開始すると発表されてから、Netflixなどで配信されているマーベルドラマの行方を心配する声が多数聞かれましたが、どうやらひとまず安心してもよさそうです。

R指定作品はNetflixやHuluに残留

アメリカンの情報誌Deadlineによると、2019年開始予定のディズニーのストリーミングサービスでは、R指定に属する作品を扱わないと報じられました。

Disney Unveils Inaugural Streaming Service Launch Slate To Town; No R-Rated Fare

R指定作品は暴力描写や性描写が過激であり、ディズニーが目指す家族で楽しめる作品とは相性が合いませんでした。
よってディズニーのストリーミングサービスでは、新たに作品が製作されたり、他のサービスから移管するようなことは無いと書かれています。

Netflixではマーベル・スタジオと共同で『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』『アイアンフィスト』『ザ・ディフェンダーズ』『パニッシャー』の全6作品がオリジナルシリーズとして配信されてきました。
今後も続編の配信が決まっているため、配信先の行方が気になっていましたが、そのままNetflixでの配信に落ち着きそうです。
Huluでも同様に『ランナウェイズ』が配信されていますが、こちらも同様に残留となります。

また昨年末に報じられたディズニー社による20世紀FOXの買収により、FOXが所有する作品群もディズニーのストリーミングサービスにて配信されるのではないかと言われています。
特にマーベル作品である『X-MEN』シリーズは気になるポイントでした。

しかし『ローガン』『デッドプール』のようなR指定のヒーロー映画も同じ理由から、ディズニーのサービスでは配信されないと思われます。

ディズニー社はストリーミングサービス開始に向けて、年4~5本のオリジナル映画と、5本のテレビシリーズを製作する計画。
Amazonプライムビデオや、Hulu、Netflixと対抗するため、映画界の大物がどのような手を打ってくるのかこれからも注目していきましょう。

Netflixでは3月8日から『ジェシカ・ジョーンズ シーズン2』が全世界配信開始予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です