「ディズニー+」MCUドラマ、今後の映画のストーリーに影響することをマーベルスタジオ社長が明言!これは課金必須か?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ウォルト・ディズニー社が2019年にサービス開始する動画ストリーミングサービス「ディズニー+」。
先日にはマーベルスタジオのMCUシリーズのスピンオフドラマとして『ワンダヴィジョン』『ホークアイ』そして『ファルコン&ウィンターソルジャー』の製作・配信が新たに告知されていました。
トム・ヒドルストン主演の『ロキ』を含めると現状では全4作品が決定しています。

これらの作品について、マーベル・スタジオ社長は今後の映画作品のストーリーにも影響していくるとコメントしています。

『キャラの変化は今後の映画にも反映されるでしょう』

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は、海外メディアのVarietyのインタビューに答え、「ディズニー+」のドラマが映画に影響があるのかどうかについてコメントをしています。

Marvel Studios Chief Kevin Feige on the Disney Plus Shows, Fox Deal

『これらのエピソードは非常に大きくで映画と交差するでしょう。全く新しいストーリーテーリングです。マーベル・スタジオが製作する最初の長編になります。キャラクターたちはストーリーのなかで変化し、進化していき、そしてそれは今後の映画の中でも反映されていきます。

MCUシリーズの正式なスピンオフドラマとしては、コールソンを主人公にした『エージェント・オブ・シールド』や、ペギー・カーターを主人公にした『エージェント・カーター』の2作品が存在します。

Netflixで展開する『ザ・ディフェンダーズ』『パニッシャー』をはじめとするドラマや、Huluの『ランナウェイズ』、テレビ作品の『クローク&ダガー』など、同様に共通の世界観を持つ作品もありますが、こちらは映画に登場するキャラクターを主人公にしたわけではありません。あくまでドラマオリジナルのキャラクターのみが登場するため、スピンオフの定義とは外れてきます。
ただいずれのドラマも映画に対して大きな影響を与えるストーリーは展開されていませんでした。

しかし「ディズニー+」で製作される複数のドラマは映画でもメインとして活躍したキャラを主人公にしています。今後の映画にも登場することは大いにあり得るため、ファンが夢にまで見たドラマと映画のクロスオーバーを見れるかもしれません。

もちろん「ディズニー+」は有料サービスなため、今まで以上にシリーズを追うためのハードルは上がります。ある意味では”課金必須”のコンテンツになりかねません。
このようなファンに対してマーベルはどのような対策をとっていくのかも気になります。

不安もある一方、楽しみでもあるMCUドラマシリーズ。今後の展開に注目していきましょう。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!