デスストローク役俳優、かつて計画されたいた『ザ・バットマン』でバットガールの登場を明かす ー

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

米国などで配信されている『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』は劇場版でも登場したジョー・マンガニエロ演じるデスストロークの姿も確認されているが、劇場で公開されていた当時はデスストロークが再登場するといわれていた『ザ・バットマン』の製作が計画されていた。

ジョー・マンガニエロはかつての『ザ・バットマン』でどのようなシーンやキャラクターが活躍していたかについて明かしてくれた。

※この記事には『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

バットマン&バットガールと対決?

海外メディアのインタビューに答えたデスストローク役のジョー・マンガニエロは、『ザ・バットマン』のかつてのストーリーの内容について明らかにした。

Justice League’s Joe Manganiello Reveals Ben Affleck’s Batman Movie Would’ve Featured Batgirl vs Deathstroke

Justice League Star Joe Manganiello Reveals More About Deathstroke’s Story in Ben Affleck’s Batman Movie

『「ジャスティスリーグ」のエンドクレジットシーンから推測できるように、スレイド・ウィルソンはバットマンの情報提供をするレックス・ルーサーによって呼び出されました。ルーサーはスレイドが息子を失ったことをしっており、その犯人をバットマンとした。そしてルーサーはバットマンの正体がブルース・ウェインであるという重要な情報を与えます。』

『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』のエピローグでは劇場版同様にレックス・ルーサーのクルーザーに呼び出されたデスストロークが現れており、ルーサーがバットマンの正体を明かすことによって2人が協力関係になったことを示唆していた。

言及はされていなかったが、この時点でスレイドは息子が殺害されており、その犯人がバットマンであると思いこまされいたようだ。

当時はこのまま『ザ・バットマン』に繋がっていくと思われていたが、映画のなかでバットマンとデスストロークはどのようなバトルを繰り広げたのだろうか?

『大規模な対決のようでした。バットガールはブルースの動きを予測できるほど速いので、ブルースをサポートするために参加してきます。』

ジョー・マンガニエロは『ザ・バットマン』にバットマンの相棒であるバットガールの登場が予定されていたことを明かした。

バットガールはジェームズ・ゴードン刑事の娘であるバーバラ・ゴードンのヒーローネーム。DCEUシリーズにおいては登場したことはなかったが、ザック・スナイダー監督も『ジャスティスリーグ』の続編で登場させる予定だったことを明かしていた。

バットガールの単独映画に関してはまだ計画が存続しているようなので、今後のシリーズに登場する可能性は十分に残されている。

このようにかつての『ザ・バットマン』はよりバットマンファミリーやヴィランに関して掘り下げる予定だったことがわかる。
現在は新たなバットマンのストーリーを構築中のため、どのような世界がスクリーンで描かれていくのかにも注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする