デッドプールのMCU参戦に3つの方法を検討中? - MCU版『スパイダーマン3』への登場の案も

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

20世紀FOXをウォルト・ディズニーが買収してから数か月。マーベルファンたちはFOXが権利を持つ『X-MEN』や『ファンタスティック・フォー』などがMCUシリーズにいつ参戦するかを今か今かと待ちわびています。

中でも人気キャラクター『デッドプール』に関してはディズニー買収後もリブートされることなく、そのままライアン・レイノルズ主演の作品として開発が進められていくことが幹部陣から明言されています。

現在マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は、デッドプールのMCU参戦への方法として3つの可能性を模索しているといわれています。

ディズニー+やスパイダーマンとのコラボの可能性も

海外メディアのMCU Comicsは、マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギ氏は、20世紀FOXが製作してきた『デッドプール』をMCU参戦させるために3つの方法を検討していると伝えています。

Marvel is Exploring Ways of Introducing Deadpool Into the MCU

まず1つ目は以前から製作が伝えられていた『デッドプール3』『X-フォース』がどうなるのかはわかりませんが、シリーズ3作目として製作しつつも、MCUとの合流も図るのではないかと思われます。

2つ目にはディズニー社がサービス開始する独自ストリーミングサービスの「ディズニー+」での作品としての製作です。ディズニー+では現在MCU作品のスピンオフドラマとして『ファルコン&ウィンターソルジャー』をはじめとして複数作品の配信を予定しています。
もしディズニー+になるとデッドプールがまさかのドラマ化になる可能性があります。ただ視聴するターゲット層としては家族向けを想定しているため、ドラマ化の場合は映画のようにR指定作品にすることは難しいのではないかと考えれれています。

最後が『スパイダーマン:ホームカミング』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に続く3作目として製作されるMCU版『スパイダーマン3』への参戦。現在は特に製作のアナウンスや情報は入ってきていませんが、MCUの慣例に従うとスパイダーマンも3作目が作られる可能性は非常に高いです。
もし3作目にデッドプールが登場するとなると、ファンが夢にまで見た2人のヒーローの共演をみることができるようになります。コミックでもスパイダーマンとデッドプールのコンビは多くの活躍が描かれていますので、個人的にはこちらを推していきたいですね。

ただ買収前から予定されていた『X-フォース』や『デッドプール3』も観てみたいので、多くのファンが納得できるような合流をしてもらいたいところですね。

MCUシリーズ最新作の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!