DCEUフラッシュ単独映画の正式タイトルが『フラッシュポイント』に決定!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

開催中の『サンディエゴコミコン2017』では現在DCコミックス関連作品の情報が解禁されています。

その中の一つとしてDCEUシリーズで公開が予定されている『フラッシュ』の正式タイトルが発表されました!

正式タイトルは『Flashpoint』!
そのまま読むと「フラッシュポイント」ですね。

邦題がどうなるかはわかりませんが、とりあえず原題としてはこの『Flashpoint』で決定ですね。

単純に「フラッシュ」だけではなく、「ポイント」をつけるということはドラマ版とのタイトルと被らないようにしたのですかね?

また「フラッシュポイント」には原作があり、コミックスだと母親を宿敵リバースフラッシュから救おうとタイプスリップしたために、バタフライエフェクトが発生してしまったという内容。
トーマス・ウェインがバットマンに、スーパーマンは政府に監禁されている。またアクアマンのアトランティスとワンダーウーマンのアマゾンが戦争を起こし、アトランティスが西ヨーロッパを水没させている。

もしこの内容をそのままやるとしたらかなり世界観が異なった映画になりそうですね。またこういった世界改変系はフラッシュが大いに活躍するので、楽しみですねー!
なんだか公開が現実のものとなってきている感じがしてワクワクすっぞ!

『フラッシュポイント』はエズラ・ミラーが主演で公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です