DCドラマ『ペンギン』&アニメ『クリーチャー・コマンドーズ』の配信日が決定 ー DCUもついに始動

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCスタジオが制作を進めているドラマペンギンと、アニメクリーチャー・コマンドーズの配信時期がついに明らかになった。

『ザ・バットマン』のスピンオフで、コリン・ファレル主演の『ペンギン』は2024年9月に米国配信予定『クリーチャー・コマンドーズ』は2024年12月に米国配信が決まった。

いずれも米国ではMaxでの配信を予定しており、日本での配信プラットフォームや時期についてはまだ明らかにされていない。

『ペンギン』は映画の後日談となっており、ゴッサムの裏社会のボスであったファルコーネ亡き後のペンギンが、次のゴッサムの帝王につく姿が描かれる。水害に襲われたゴッサム・シティが舞台にもなっており、さらには『ザ・バットマン PARTⅡ』に繋がる橋渡し的な作品になるとも伝えられている。

『クリーチャー・コマンドーズ』はDCUシリーズの最初の作品として配信され、『ザ・スーサイド・スクワッド』からも共通したキャラクターが登場する予定だ。さらにはアニメから実写へのキャラクターの登場も予定されており、リック・フラッグ・シニア役のフランク・グリロも同役で『スーパーマン』に出演すると言われている。

映画としては『スーパーマン』がDCUの1作目となるが、それに先駆けて『クリーチャー・コマンドーズ』が先陣を切ることとなる。

ジェームズ・ガン監督とピーター・サフラン氏によるDCスタジオの新たな体制で制作されたDCコミックス原作の2作品に注目をしておこう。

  • 【広告】

  • 【広告】