DCマルチバース ポルカドットマン レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー

価格(ショップによる)2,800円(税込)
発売日2021年7月
メーカーマクファレーン・トイズ
作品『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』
DCマルチバース ポルカドットマン

DCマルチバース ポルカドットマンのパッケージ

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー パッケージ

まずはパッケージから。ただでさえ大きめなDCマルチバースの箱ですが、キングシャークのビルドパーツでより大きくなっていますね。

  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー パッケージ
  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー パッケージ

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー パッケージ

今回の『ザ・スーサイド・スクワッド』ラインナップが乗っていますね。これに加えて素顔のブラッドスポートとピースメイカー、単品版のキングシャークもあります。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー パッケージ

ブリスター状態。

DCマルチバース ポルカドットマンの本体

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

早速取り出して、DCマルチバース ポルカドットマンのレビューをしていきましょう。まずは全身から。

  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体
  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

ぐるっと一周。つなぎにカラフルな水玉模様がデザインされたインパクトあるポルカドットマンの姿しっかりと再現。微妙にウェザリング塗装なんかもありますね。全体的にはすらっとしたスタイル。ちなみに台座使わないと素立ちで立ちませんでした。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体
  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

バストアップ。ポルカドットマンを演じるのはデヴィッド・ダストマルチャン。正直顔は似てないですね。塗装はデジタルプリントが施されています。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

胸周りはこんな感じで水玉が多く配置されています。モールドなんかも細かいです。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

付属のキャラクターカードのスーツと比べてみると、水玉の位置はおおむね同じですが、肩のところなど色が違うポイントもありますね。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

背中はこんな感じ。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

腕はすこしダボついた服なので太目な印象。腕についたガンメタなガントレットが目立ちますね。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

ちなみに左右のガントレットは形状が微妙に異なり、右腕のものはダクトのようなものが開いた形になっています。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

ベルトのバックルはシンプル。上から見たチーズかな?

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

脚はすらっとしていますね。とくに違和感のある造形でもない感じ。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

ブーツは紐まで造形されていますが、このあたりの関節があまり融通利かないので、まっすぐ立たせるのが難しいです。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

他のブランドのフィギュアと比較しましょう。左がS.H.フィギュアーツのフラッシュで、右がMAFEXのバットマン。DCマルチバースは他の1/12サイズのフィギュアと比べて頭1.5個分ぐらいデカいです。なので同じDCキャラでも合わせるのはちょっと無理がありますね。DCキャラ増やすなら素直にDCマルチバースで合わせた方が良さそうです。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 本体

参考のためハズブロのマーベルレジェンドから発売されたロキとも比較。マーベルレジェンドも大きめですが、それよりもDCマルチバースの方が大きいです。

DCマルチバース ポルカドットマンの付属品一覧

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 付属品 水玉 エフェクトパーツ

DCマルチバースのポルカドットマンの付属品を見ていきましょう。こちらは水玉を飛ばした状態を再現できるエフェクトパーツです。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 付属品 ゴーグル

こちらはゴーグル。実際に赤い部分にはクリアパーツが使用されています。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 付属品 ゴーグル

ゴーグルは軟質素材なので、そのまま頭に付けることが可能。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 付属品 ガントレット

こちらは右腕の閉じた状態のガントレットパーツ。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 付属品 キャラクターカード

こちらはキャラクターカード。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 付属品 台座

DCマルチバースの共通の台座。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 付属品 キングシャーク ビルドパーツ

こちらがキングシャークのビルドパーツで頭とおなかですね。頭だけでも商品として成り立ちそう。

DCマルチバース ポルカドットマンの可動範囲

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 可動範囲

首の回転は問題なし、肩の可動も広く、肘関節もしっかりと閉じることができました。

  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 可動範囲
  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 可動範囲
  • 首の前後はぼちぼち。

  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 可動範囲
  • DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 可動範囲

腰の前後もそれなりに動かせます。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 可動範囲

腰の回転は広いです。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 可動範囲

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー 可動範囲

開脚もしっかりとしますね。接地性は微妙なところ。

DCマルチバース ポルカドットマンのアクション!

Youtubeでもレビューしていますので、ぜひご覧ください!

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

ということで、DCマルチバースのポルカドットマンのアクションをしていきましょう。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

ちなみにまだ映画は公開していないときに記事書いております。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

フィギュア化されるということたはおそらく『ザ・スーサイド・スクワッド』のメインキャラなのでしょう。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

顔がなんとも言えない表情よね。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

デヴィッド・ダストマルチャンはもっと濃い目なたれ目顔なので、再現度は頑張れ。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

手の形も基本は固定ですが、これに関しては特に問題はないかな。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

ゴーグルはおでこにも付けることが可能。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

ゴーグルを下ろす。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

ゴーグルをつけた方が顔の似てなさがカバーできるからいいね。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

こっちのほうが原作コミックのポルカドットマンの見た目に近いです。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

そしてヴィラン感も増しますね。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

マットサイエンティストっぽく感じる。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

水玉のエフェクトパーツを使う。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

おそらく腕のガントレットが開くことでこの水玉を排出しテイルっぽいですね。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

左腕にもつけることができますが、ガントレットの太さが異なるので位置は少し肘よりになります。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

交換用のガントレットは手首を外して交換するのですが、左手首は固くて外れないので、左右を交換することできないんですよね。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

ちなみにこの水玉にあたると問答無用でチーズにされてしまうようです。怖すぎ。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

予告編ではすこしにやりとした表情で水玉出していたので、無表情なのがすこし残念。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

ゴーグル有り無しだとだいぶ雰囲気違います。

DCマルチバース ポルカドットマン レビュー アクション

ということで以上、DCマルチバースのポルカドットマンのレビューでした。

まさかポルカドットマンの実写可動フィギュアが発売去れるとは思いませんでしたが、予想よりは意外とかっこよくて楽しめましたね。付属品のゴーグルやエフェクトパーツもあることで結構いろいろな姿のポルカドットマンを楽しむことができました。
台座がないと立たせにくいのと顔が似ていないのは難点ではありますが、ある程度ポージングさせてゴーグルしちゃえばその点はカバーできると思います。『ザ・スーサイド・スクワッド』での活躍にも期待ですね。

ゆとぴ

DCマルチバース ポルカドットマン

関連記事を読む

コメントをする