DCEUシリーズ、かつて『クライシス・オン・インフィニット・アース』を計画していた ー 上層部変更でナシに

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズは2013年公開の『マン・オブ・スティール』から約10年も続いており、地味に息の長いシリーズになってきているが、いまだに方針が固まりきれていないのが現状でもある。

新たに入った海外メディアの情報によると、どうやらシリーズは以前に『クライシス・オン・インフィニット・アース』に向かっていく展開を構想していたことが明らかになった。

現在のDCフィルムズ代表のウォルター・ハマダ氏が持っていたアイディアとのことではあるが、のちに経営陣などの変更などによってその計画が実現することはなかったようだ。

2019年には通称アローバースと呼ばれているDCドラマでは同名のクロスオーバーイベントが行われて好評を得ており、そこでは映画でフラッシュを演じるエズラ・ミラーと、ドラマでフラッシュを演じるグラント・ガスティンが共演するなどして話題となっていた。

ただ『クライシス・オン・インフィニット・アース』の計画が完全に消失したというわけではないようで、以前にはベン・アフレックのバットマンを中心とした構成で新たに制作する可能性があると伝えられたこともあった。

それでも2018年頃の計画と現在では、確実に方針が変更されているため、ハマダ氏が考えたようなものではないと予想される。
しかも『バットガール』のキャンセルによって彼はDCフィルムズ代表からの辞任も視野に入れていると伝えられており、またもや上層部の変更によってシリーズにも影響があるのではないかと危惧されている。

果たしてDCEUシリーズで『クライシス・オン・インフィニット・アース』は起きるのだろうか?ファンとしてはぜひとも見てみたい作品ではあるが、それが叶うまでにはだいぶ時間がかかりそうだ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。