デボラ・アン・ウォール、キルスティン・ダンストとの写真を「自分じゃない」と否定 ー 『スパイダーマンNWH』出演もなし?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Netflixドラマ『デアデビル』にてヒロインでもあるカレン・ペイジを演じたデボラ・アン・ウォールは先日、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』3部作でMJを演じたキルスティンダンストとの2ショット写真がパパラッチされていた。

しかも撮られた場所が『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の追加撮影が行われたサンセット・ガワー・スタジオの近くだったということもあり、2人の女優が映画に出演しているのではないかという推測が渦巻いていた。

そして最近当の本人のデボラ・アン・ウォールがこの写真についてツイッター上で口を開いた。

これは私ではありません。

短いながらもきっぱりと写真の人物が自分ではないことを明言した。

ただこのツイートにぶら下げる形で他のファンが耳の形が似ているなどとの理論を展開しているのだが、いずれにしても本人が否定しているとしたらデボラ・アン・ウォールではない可能性が一番高いとみられる。

現在製作が行われている『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にはチャーリー・コックス演じるデアデビルがドラマ以来の再登場を果たすと常々噂されているが、いまのところ確たる証拠は出てきたいない。
また過去のスパイダーマンを演じたトビー・マグワイヤやアンドリュー・ガーフィールドの2人も出演の噂があり、今回パパラッチされたキルスティン・ダンストも出演するといったニュースがあった。

いずれの俳優も公式に出演することは認められていないが、今作にはドクターストレンジも登場することからマルチバースのような展開がされるとも予想されている。

果たして『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』はファンの推測通りのことが起こるのだろうか?今作は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする