『デアデビル』チャーリー・コックス、ディズニープラス配信にお祝い ー 「これは新生です」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Netflixで配信されていたマーベルのオリジナルドラマシリーズ『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』『アイアンフィスト』『ザ・ディフェンダーズ』『パニッシャー』の5作品は、2022年2月28日をもってNetflixでの配信が終了していた。

一方で一部の国ではDisney+ (ディズニープラス)で3月中旬から改めて配信が行われることが公式から明らかにされており、米国などでも話題となっている(日本ではまだ未定)。

そのことについてマット・マードック/デアデビルを演じたチャーリー・コックス海外メディアのインタビューのなかで、Disney+ (ディズニープラス)での配信について出演者たちにお祝いコメントを送ったことを明かしてくれた。

『このニュースが出た時、私はドラマの何人かにテキストメッセージを送っていました。そのなかには”新生”と書かれています。』

『デアデビル』の製作終了が公式に伝えられた当時は出演した俳優ももちろん、シーズン3までお居続けたファンも落胆していた。そして長い間公式からの音沙汰もなかった。

しかし『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』での再登場によって、再び脚光を浴びることとなり、そういった意味からもチャーリー・コックスは「新生」と送ったと思われる。

推測ではDisney+ (ディズニープラス)で新作が作られると言われているが、過激な表現については抑えられてしまうのではないかと危惧するファンもいる。

その点についてもチャーリー・コックス自身の考えを明かしている。

『私はマーベルの人たちが作ってきたもの全てのファンであり、彼らを過小評価することはありません。もし彼らが全年齢対応の「デアデビル」を作りたいと思うのなら、私は彼らを支援して、私達が描いてきたものと一致すると感じる場所を見つけます。』

いまのところ『デアデビル』の新しいシリーズについては伝えられていないが、制作予定の『エコー』にてデアデビルや宿敵のキングピンが登場すると言われており、実質的に『デアデビル』シーズン4であるとも言われている。

果たしてDisney+ (ディズニープラス)で正式に配信することとなった『デアデビル』などNetflixのマーベルヒーローたちはどのようにしてMCUシリーズに参戦するのだろうか?今後の情報に注目をしておこう。

『デアデビル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。