『デアデビル』新作がディズニープラスで製作中 ー ネトフリ版のその後に?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Netflixの人気マーベルドラマ『デアデビル』はシーズン3で製作終了したもなお支持が衰えることのない作品となっており、MCUシリーズの映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にてチャーリー・コックス演じるマット・マードック/デアデビルがサプライズ出演を果たし、またDisney+ (ディズニープラス)ドラマ『ホークアイ』にもヴィンセント・ドノフリオ演じるキングピンも復活しており、権利がマーベルに戻ったいま『デアデビル』の新作を待ち望む声は大きくなっている。

そんななかで有力海外メディアは現在『デアデビル』の新作がDisney+ (ディズニープラス)のドラマとして製作が進んでいることを報じた。
脚本にはマット・コーマン氏、プロデューサーにはクリス・オード氏が就任しており、製作の指揮をとっているとのことだ。

二人の広報は今回の報道にはコメントもしていないが、有力メディアからの情報ということもあり、ほぼ確実に『デアデビル』の新作が製作されているのではないかと考えられる。

また新しい『デアデビル』はNetflix時代の物語や設定を引き継ぐとも言われており、実質的なシーズン4になるとも言われている。
そうなればチャーリー・コックスやヴィンセント・ドノフリオ以外のキャストのリターンも十分にあり得るだろう。

シーズン3の複数エピソードで脚本を執筆したエリック・オールセン氏もツイッターにてこのニュースに反応。「#Daredevilが生きていることを知って興奮している」とコメントを投稿している。

詳細なことはまだわかっておらず、公式からも製作発表があったわけではないため、今後の続報には注目をしておこう。

『デアデビル』に関しては現在製作が進んでいるマーベルドラマの『エコー』でも関係してくると言われており、それが次の新作の足がかりになる可能性もあり得るだろう。こちらの作品にもぜひ期待をしておきたいところだ。

『デアデビル』は現在米国など一部の国ではDisney+ (ディズニープラス)で全シーズンが配信中だ。

『デアデビル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。