『シー・ハルク』にデアデビル役チャーリー・コックス出演の噂 ー 弁護士同士の共演?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Netflixで配信されており、いまなお復活を願う声が絶えない『デアデビル』。Netflixとディズニー社の契約はすでに終了しており、現状では自由にデアデビルを使用することが可能になっている。

そんなデアデビルに関する新たな噂が入ってきた。

再びスーツも着る?

海外メディアからの情報によれば、現在撮影を行っている『シー・ハルク』に、『デアデビル』主演だったチャーリー・コックスが同役で出演をすると報じている。

RUMOR MILL: SHE-HULK Will See Charlie Cox Return As Matt Murdock AND Suit Up As Daredevil

チャーリー・コックス演じるマット・マードックは再びデアデビルのスーツを着て現れるとも伝えられている。

マット・マードックが『シー・ハルク』に登場してくることは、お互いが弁護士という共通点を持っているところから理にかなっている部分もある。一方でスーツを着るとなるとデアデビルは誰と戦うことになるのだろうか?

ちなみに長い間チャーリー・コックスは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にも出演すると噂されており、ミステリオ殺害の容疑をかけられたピーター・パーカーの弁護を行うといわれている。

いずれもなかなか確証を得れる情報ではないが、Netflixのマーベルドラマからは他にもジェシカ・ジョーンズ役のクリステン・リッターや、パニッシャー役のジョン・バーンサルも続投されるといわれている。一方でドラマでのストーリーはリブートされ、新たなストーリーに書き直されるとも囁かれているため、今後もこの情報には注目をしていった方が良さそうだ。

『シー・ハルク』はDisney+ (ディズニープラス)で独占配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする