『フラッシュ』にサイボーグが再登場の可能性 - 原作コミックではスーパーマン的な立ち位置に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックス映画は現在でも複数の映画の製作を予定しているが、その中でも注目度が高いのがエズラ・ミラー主演の『フラッシュ』だ。

紆余曲折経て当初の予定より2年ほど遅れての公開となってが、どうやら今作には様々なDCキャラクターが登場する可能性があるようだ。

再び『フラッシュポイント』を原作に?

海外メディアのDCEU MYTHICによると、エズラ・ミラー主演で製作予定の『フラッシュ』に、同じジャスティスリーグのメンバーであるサイボーグが登場すると伝えられている。

Cyborg Rumored to Appear in The Flash Movie

『ジャスティスリーグ』では若い2人のヒーロー同士であったバリー・アレン/フラッシュと、ヴィクター・ストーン/サイボーグの友情のようなものも見ることができたが、『フラッシュ』単独映画に登場することは何ら違和感は内容に見える。

以前には『サイボーグ』の単独映画も予定されていたのだが、『ジャスティスリーグ』の興行的な不振によって実質的に凍結状態となっている。

ちなみに『フラッシュ』が原作にするといわれているコミック『フラッシュポイント』ではバリーが母親を助けたことによって現実世界が改変され、サイボーグがスーパーマン的な立場となって活躍していた。
一時期は『フラッシュポイント』を原作にはしないといわれていたが、昨今の情報やサイボーグの登場などを鑑みるに、再び原作として使用しているようにも見える。

『フラッシュ』ではDCEUシリーズにテコ入れを加える時間改変が起こるともいわれており、ロバート・パティンソン主演の『ザ・バットマン』がシリーズに組み込まれると噂されている。

果たして『フラッシュ』では再びヤングヒーローコンビの活躍を見ることができるのだろうか?今後の情報に注目だ。
『フラッシュ』は2022年6月3日に全米公開予定。

関連記事を読む

コメントをする