新DCドラマ『バットウーマン』が製作決定!「アローバース」でのゴッサムを描く!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

『アロー』をはじめとして『フラッシュ』『スーパーガール』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』、『ブラックライトニング』などハイクオリティーのドラマが続々と生み出されているDCコミックスのドラマシリーズ。

そんなシリーズの一つにまた新たな作品が加わることが判明しました!

ドラマ『バットウーマン』が製作決定!

海外メディアのVarietyの記事によると、アメリカの放送局CWは新たなDCドラマシリーズとして『バットウーマン』の製作が決定したことを伝えています。

Batwoman Series in Development at CW

『バットウーマン』は2019年に放送開始予定で、『アロー』をはじめとした『フラッシュ』『スーパーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』が持つ共通した世界観、通称「アローバース」の一部として展開される予定です!

主人公にはゴッサムシティで犯罪者と戦うケイト・ケイン/バットウーマンに焦点を当てます。原作コミックでのケイト・ケインはレズビアンでもあり、犯罪都市ゴッサムで犯罪者たちと戦いを繰り広げています。

脚本にはドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のキャロライン・ドリーズ氏が担当する予定です。ドリーズ氏はエグゼクティブ・プロデューサーにも就任予定です。

今現在、主演女優などの情報はありませんが、近いうちに詳細な情報が公開されていくと予想されます。

アローバースにはこれまで数多くのヒーローが登場してきており、グリーンアローやフラッシュ、スーパーガールといった主人公たちをはじめ、レジェンド・オブ・トゥモローのメンバー、他にもスーパーマンの存在も明らかになっています。

しかしDCコミックス屈指の人気を誇るバットマンは登場していませんでした。ただ『アロー』シーズン5ではゴッサムシティとバットマンの素顔であるブルース・ウェインが経営するウェイン産業の存在はセリフの中で明らかになっていました。

今回はこの『バットウーマン』でアローバースのゴッサムシティが描かれることから、バットマンの登場にも期待が寄せられています。
現在は登場することはないといわれていますが、ここはDCファンとして注目していきたいところですね。

『バットウーマン』に関する新たな情報が入り次第お知らせいたします!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!