クリス・プラット、カレン・ギラン、デイヴ・デイヴ・バウティスタがオーストラリア入り - 『ソー ラブ&サンダー』出演のためか

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

もう間もなくオーストラリアで撮影が始まるといわれているMCU映画『ソー ラブ&サンダー』
徐々に俳優はスタッフなどが現地入りしているなか、すでに出演が伝えられている『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でスターロードを演じたクリス・プラットや、ほかの俳優にも動きがあったことが伝えられた。

ガーディアンズはフルメンバー登場か?

海外メディアによると、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』スターロードを演じたクリス・プラット、ネビュラを演じたカレン・ギラン、ドラックスを演じたデイヴ・バウティスタの3名の俳優がオーストラリア入りしたことを伝えた。

EXCLUSIVE: Chris Pratt lands in Australia and heads to a mandatory quarantine hotel in Sydney with his co-stars ahead of production for the new Marvel movie Thor: Love and Thunder

彼らはプライベートジェットを使って現地に向かい、その後新型コロナウイルスの検査のあと、2週間のホテルでの隔離措置を開始するとみられている。

3名は『ソー ラブ&サンダー』の撮影にために集合したとみられ、これでスターロード以外のガーディアンズのメンバーが登場する可能性が高まってきた。
すでにグルートの声優を務めるヴィン・ディーゼルも今作への出演を示唆しており、ロケットの声優であるブラッドリー・クーパーも出演となれば、『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降のガーディアンズのフルメンバーの登場も十分にあり得るだろう。

『ソー ラブ&サンダー』はナタリー・ポートマン演じるジーン・グレイの再登場以外にも、『ダークナイト』シリーズでバットマンを演じたクリスチャン・ベールがヴィランとして出演するとして、注目度の高い作品となっている。それに加えて実質的な『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とのクロスオーバーとなれば、ソーの単独映画ながらもお祭り映画的な側面も持っていることとなる。

今作は2021年の初頭にも撮影がスタートするといわれており、今後も新しい情報が入り次第お知らせしていく。『ソー ラブ&サンダー』は2022年5月6日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする