新作ドラマ『コンスタンティン』、現在はキャスティング活動中 - 脚本も執筆間近

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックスの新作ドラマとして、J・J・エイブラムスが製作予定の『コンスタンティン』
HBO Maxで製作される今作はまもなく脚本の執筆が開始されるとし、企画は初期段階にあると海外メディアが伝えている。

CONSTANTINE Reboot Officially In The Works At HBO Max With Guy Bolton Attached As Writer

脚本にはイギリス人のガイ・ボルトン氏が3月から書き始めるとのことだ。
ストーリーは完全にリブートされるとのことで、キアヌ・リーブスが出演した映画版『コンスタンティン』やマット・ライアンが演じたTVドラマ版『コンスタンティン』とはまた異なる作品になるようだ。

一時はキアヌ版の続編になるのではないかともささやかれていたが、さすがにそれは叶わなかった。

キャスティングはHBO MaxとJ・J・エイブラムス監督の製作会社であるBadRotbotの2社が行っており、主演をする俳優には幅広い候補者から探しているという。

今作は今後『ジャスティスリーグ:ダーク』にもつながるといわれており、DCコミックスの新たな世界観構築の一部として展開されていくようだ。
また『コンスタンティン』に関する新しい情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする