中国、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』から自由の女神の削除を要求していた ー マーベル・ソニーは拒否

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ここ数年の映画市場は経済大国・中国での公開、が大ヒットの命運を分けるとも言われており、なおかつ中国からの資本によってハリウッド映画が制作されるといった状況も多々確認されている。

そんな中で最近の中国政府の外国映画への検閲はより厳しくなってきており、マーベル・スタジオが展開しているMCUシリーズも『ブラック・ウィドウ』以降のフェイズ4作品が現状では一つも公開されていない

中国にも多くいるであろうスパイダーマンファンが待ち望んだ『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』も上映されていないが、海外メディアのパックニュースの記事によると、中国側がマーベルやソニーに求めた具体的な要求が明らかになった。

どうやら中国当局は映画からアメリカの象徴的な存在でもある自由の女神像を映画から削除することを求めたとのことだ。

ご存知の通り映画において自由の女神はラストバトルの舞台にもなっている重要なものであり、もし削除するとなると映画で一番盛り上がるシーンの殆どを再編集しなければならなくなる。

ソニー・ピクチャーズのCEOであるトム・ロスマン氏はこの要求を即座に拒否したとのことだ。

その後すぐに中国当局は自由の女神が映るシーンを最小限に抑えることができるかと要求しており、具体的にはトム・ホランドのスパイダーマン自由の女神の冠の上に立つシーンのカットや、全体的にシーンを暗く編集するようにと求めたとのこと。

ただソニーやマーベルは、たとえこの要求をのんだとしても確実に中国国内での公開が約束されるわけではないことから、すべての要求を拒否して、中国での『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の公開を断念したと伝えられている。

中国当局がなぜここまで自由の女神像に拒絶反応を示しているのかはわからないが、これもまた国の政策や思想が絡んでいるのではないかと思われる。

このほかにもすでに『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の公開が禁止になったことが伝えられており、依然としてMCUのフェイズ4作品は『シャン・チー』を含めて中国国内での公開には至っていない。

一方では海賊版DVDなどの横行なども問題視されており、今後国際映画市場は中国当局との付き合い方に向き合っていかなければならないかもしれない。

日本では『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のデジタル配信やDVD、レンタルが行われている。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    中国だと自由って言葉がFワードみたいなもんだからしょうがない

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。