『WHAT IF…?』、ティ・チャラの声は収録済み - マーベル・スタジオ代表が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズにおいて、もしもの世界を描くアニメ作品『WHAT IF…?』。先日には予告編も公開され、ペギー・カーターのキャプテンブリテンや、スターロードとなったティ・チャラの姿も確認することができた。

今作には実写作品に登場したキャラクターも数多く確認されており、しかも同じキャストによる声が当てられているのも、本作のスゴイところだろう。

ちなみに2020年夏に亡くなったティ・チャラ/ブラックパンサー役のチャドウィック・ボーズマンのキャスティングがどうなっているかについて、今回初めてマーベル・スタジオ代表がコメントをしてくれた。

4度の訪問で複数エピソードを収録済み

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は海外メディアのインタビューに対して、チャドウィック・ボーズマンが『WHAT IF…?』の声の収録をすでに済ましていることを明かした。

Kevin Feige Confirms Chadwick Boseman Recorded Numerous Episodes of Marvel’s What If…?

約4回やってきて、数多くのエピソードを収録しました。あとから考えると、非常に感動的でした。』

『ブラックパンサー2』でのキャスティングが注目されるなかで、同じく主要キャラクターとなる『WHAT IF…?』ですでに収録されているのは、安心材料ともいえるだろう。ティ・チャラは作品のなかでガーディアンズを率いるリーダーのスターロードになることがわかっているため、活躍するシーンも数多くあるだろう。

おそらくはチャドウィック・ボーズマンがかかわったMCU作品としては最後になる可能性もあるが、『ブラックパンサー2』では彼のリキャスティングも行われないといわれている。バーチャル俳優の使用も噂されていたが、今のところその方針もないとのことで、依然として注目が集まっている情報だ。

アニメ『WHAT IF…?』はDisney+ (ディズニープラス)で2021年に配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする