『キャプテンマーベル2』、ヴィランにコルバックが登場か? - キャスト募集から推測される

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの最新作として製作が予定されている続編『キャプテンマーベル2』
マーベル映画として初の女性単独映画として描かれた作品の続きであり、現代を舞台にした内容になるともいわれている本作の新しいキャスティング情報が入ってきた。そこからキャプテンマーベルと激突することになるヴィランの存在も示唆されている。

3人の女性ヒーローと激突?

海外メディアのハッシュタグショーによると、現在製作を予定している映画『キャプテンマーベル2』に出演する新しい俳優の募集要項が入ってきた。そこから今作に登場するヴィランがコルバックなのではないかと推測されている。

Exclusive – Captain Marvel 2 Script Reveals Michael Korvac As Villain

キャスティングでは20~30歳ほどの俳優で、ティモシー・シャラメ、またはマイケル・B・ジョーダンのような雰囲気の俳優を探しているとのことだ。おそらく今のところ人種に大きなこだわりはないようだ。

コルバックはコミックに登場した強力なヴィランで、並行世界の地球でエンジニアをしていたが、異星種族バドゥーンによって強力なサイボーグへと変えられてしまう。その後はグランドマスターに利用されそうになるが、彼のパワーを奪ったり、ギャラクタスの力も盗むなどして、宇宙にとっても驚異的な存在へと強化されていった。

コミックではそこまでキャプテンマーベルと関係が深いキャラクターでもないようだが、宇宙を舞台として戦うことのできる彼女の相手としては申し分ないだろう。

『キャプテンマーベル2』ではすでに、『ワンダヴィジョン』にも登場するテヨナ・パリス演じるモニカ・ランボーや、ドラマ『Ms.マーベル』の主人公であるカマラ・カーン/Ms.マーベルの登場も予定されている。
モニカはコミックでキャプテンマーベルの名を継いでおり、『ワンダヴィジョン』でもその予兆を見せていたことから、映画では3人の女性ヒーローがタッグを組むのではないかといわれている。

果たして『キャプテンマーベル2』ではどのようなストーリーが描かれていくのだろうか?今作は2022年11月11日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする