『キャプテンマーベル』あらすじが公開!キャロルは序盤からすでに力を有している?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

日本時間の夜中にようやく劇中写真の情報解禁がされたマーベル・スタジオ最新作『キャプテンマーベル』
主人公のキャロル・ダンバースをはじめとして、ジュード・ロウ演じるマー・ヴェル、ロナンやコラス、若いころのニック・フューリーなど、ファンを興奮させるには十分なほど多くの情報が詰まっていました。

そして劇中写真に合わせて、映画にあらすじも公開されています!

キャロルは既にパワーを持っている!

来年公開予定の『キャプテンマーベル』のあらすじは以下のようになっています。


『キャプテンマーベルはコミックのオリジナルストーリーからは別の物語になる。キャロルは既にスーパーパワーを持っている。彼女は、ジュード・ロウが演じる謎めいた指揮官により、地球での生活を捨て、「スターフォース」と呼ばれるクリー星人の戦闘部隊のエリートとして所属している。
しかし突如彼女は地球に戻り、彼女の過去に関する疑問を持ち始める。そして彼女はスクラル星人の恐ろしい敵と出会うこととなる。マーベルでも悪名高い敵はその形を変える能力によって多くの危機をもたらす。ベン・メンデルソーンは地球を侵略するスクラルのリーダー・タロスを演じる。』

一番驚くべき情報としては、キャロル・ダンバースは既にクリー星人のスーパーパワーを保有しているということ。コミックでは彼女が力を得る経緯が描かれていましたが、今作ではそこに大きな重点を置いていない模様です。
ヒーロー映画の1作目としては非常に珍しいパターンとなります。

似たようなものだと2017年公開した『スパイダーマン:ホームカミング』が挙げられますが、スパイダーマン自体実写映画のリブートが2回目であり、加えて『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』に先行登場していたこともあり、能力の獲得経緯が省かれていました。

しかしキャプテンマーベルの場合は主だった実写映画が存在しないにもかかわらず、その誕生に重点を置かないのは非常に珍しいパターンとなっています。

また地球での生活裏でクリー星人の戦闘部隊「スターフォース」に所属するよいう二重生活を送っている点にも注目していきたいところです。

ヒーロー映画としても新たな試みが行われるとみられる今作は、果たしてMCUシリーズに新しい風を吹き込んでくれるのでしょうか?期待して公開を待ちましょう!

『キャプテンマーベル』は2019年3月8日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!