ジュード・ロウが『キャプテンマーベル』でマー・ベル役に出演交渉中!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

出典:©MARVEL

2019年公開の映画『キャプテンマーベル』にて、ウォルター・ロウスン博士ことクリー星人のマー・ベル役に、ジュード・ロウが出演交渉中との情報が入ってきました!

‘Captain Marvel’: Jude Law Lands Male Lead Opposite Brie Larson (EXCLUSIVE)

まだ交渉中のため、出演が決まったわけではありませんが、今作にとって重要な役どころをジュード・ロウが演じるとなると非常に盛り上がることになるでしょう!

ジュード・ロウはハリウッドで活躍するイギリス人俳優で、『シャーロックホームズ』シリーズや『キングアーサー』、来年には『ファンタスティック・ビースト』の続編で若き日のアルバス・ダンブルドアを演じることが決まっています。
アカデミー賞主演男優賞や助演男優賞にもノミネートされたことのある実力派俳優です。日本でも一度は名前を聞いたことあるという方もいるでしょう。

そしてジュード・ロウが交渉中のマー・ベルはキャプテンマーベル/キャロル・ダンバースの恋人で、初代キャプテンマーベル
彼が殺されたことにより、キャロルがその力を引継ぎ、ヒーローとなった。
いわば女性キャプテンマーベルは2代目なのです。

設定からもわかるようにジョード・ロウが交渉中のマー・ベルというキャラクターは非常に重要なポジションにあります。ぜひとも出演してもらいたいですね。

今作はキャプテンマーベル/キャロル・ダンバース役をブリー・ラーソンが演じ、ニック・フューリーでおなじみのサミュエル・L・ジャクソンも再登場します。
90年代を舞台にどのような物語が描かれるのか期待されている作品です。

『キャプテンマーベル』は2019年3月8日に全米公開予定です!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です