『キャプテンマーベル』、コールソンの新人時代を描く!出演俳優がコメント

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

2019年に公開予定のマーベル・スタジオ最新作『キャプテンマーベル』には、SHIELDのニック・フューリーだけでなく、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』でおなじみのフィル・コールソンも登場することが、公式のキャストリストから判明していました。

そんなコールソンの活躍に関する情報がはいってきました!

コールソンの新人時代が描かれる!

ご存知の通り『キャプテンマーベル』は時代設定が1990年代となる予定で、MCUの世界観での過去のストーリーが描かれます。
ニック・フューリーに関してもそれに合わせて若い姿での登場が判明しており、すでに撮影現場も目撃されていました。

そしてコールソンに関してもフューリー同様に、SHILEDのエージェントの新人時代が描かれることが、Entertainment Weekli誌のクラーク・グラッグのインタビューにて判明しました!

Captain Marvel to reveal Coulson's SHIELD origins, Clark Gregg says

『彼はSHILEDに入ったばかりのちょっとした新人だ。『アイアンマン』の中で「スタークさん、こういうのは前にも経験がありました。」というセリフの経験というのは、今回(『キャプテンマーベル』)のことかもしれない。』

『キャプテンマーベル』は、MCUの過去の出来事だけでなく、ニック・フューリーやコールソンの過去にもフューチャーされ他の作品のつながりも非常に意識された映画となるでしょう。
MCUに登場して以来、コールソンが比較的冷静な対応ができたのも、こういった経験あったからなのかもしれませんね。その後のアベンジャーズたちや、インヒューマンズ、ゴーストライダーたちのとの接触にも役立っているのでしょう。

今作にはほかに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のヴィランだったロナンの登場も判明しており、ヴィラン側の過去の活躍にも期待ができそうです!

『キャプテンマーベル』は2018年7月6日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!