『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』はサム・ウィルソンのリーダーの資質を描く ー 監督が語る

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして単独映画4作目となる『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』。4作目でもありながら主人公がスティーブ・ロジャースからサム・ウィルソンに交代した作品としては初の単独映画ともっているため、新たなキャプテン・アメリカの物語をどのようにして描くのか注目されている。

そんな3代目キャプテン・アメリカについて今作のジュリアス・オナー監督サム・ウィルソンのリーダーとしての資質を掘り下げていくことを明らかにしてくれた

『彼はリーダーだ。人々の平和への責任を負っている。彼が下す決断MCU世界にも大きな影響を与え、大きな意味を持っているんです。サムはリーダーという立場になり、いままでになかった葛藤を抱くことになる。いままでの彼は常にチームの一員だったが、今回はリーダーです。この映画では非常に素晴らしい方法と感情的な方法でサム・ウィルソンを描いていく。』

ご存知の通りサム・ウィルソンはいままでファルコンとしてアベンジャーズのメンバー、ひいてはスティーブ・ロジャースのサイドキックとして活躍してきた。
しかし『アベンジャーズ/エンドゲーム』で自分の人生を全うしたスティーブから盾を授かったことで、キャプテン・アメリカの名を受け継いだ

その後の『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』ではキャプテン・アメリカという重荷を背負っていくことに躊躇したことで、一度はジョン・ウォーカーに盾や名前を奪われることとなったが、最後は新たな決意の元でキャプテン・アメリカになることを選んでいた

今回の映画ではキャプテン・アメリカとして活動することになったサム・ウィルソンを中心に描いていき、大きすぎる存在であったスティーブ・ロジャースの影を感じながらも、彼自身のリーダーシップを掘り下げていくことになるのだ。

代替わりしたヒーローが主人公となる映画も今回が初めてであり、MCUシリーズとしてどのような展開をしていくのかも期待である。

『キャプテン・アメリカ:ニュー・ワールド・オーダー』にはサム以外にも、ダニー・ラミレス演じるサムのサポート役であるホアキン・トーレスや、歴史の影に隠されてしまったキャプテン・アメリカのイザイア・ブラッドレー、さらにはイスラエル人の超人であるシラ・ハース演じるサブラも初登場してくる予定だ。

さらにヴィランとしては『インクレディブル・ハルク』の伏線回収にもなる、ティム・ブレイク・ネルソン演じるサミュエル・スターンズ/リーダーが登場することになっている。

映画は2024年5月3日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。