チャニング・テイタム、『ガンビット』制作中止に嘆き ー 「マーベル映画を見れません」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

かつて20世紀FOXが展開していた実写版『X-MEN』シリーズ。数年前まで数多くのスピンオフ作品の映画化の計画があったのだが、その中で実現したのは数少なく、目ぼしいものは『デッドプール』のみとなっている。

そんな計画されていた作品のなかのひとつ『ガンビット』で主演をする予定だった俳優のチャニング・テイタムが海外メディアのバラエティのインタビューに答え、制作中止になった当時の気持ちについて振り返ってくれた。

『私は(マーベルの)どの映画も見ることはできませんでした。私はガンビットが大好きでしたので、とても悲しかった。友達を演じるようなもので、準備はできていましたが、いまは友達を失ったような感じです』

また今後『ガンビット』の企画が再始動した場合には演じてみたいと話しているチャニング・テイタム。当時は相当悲しい思いをしたことを明かしてくれた。

20世紀FOXがウォルト・ディズニー社に買収されたことで、計画されていた『X-MEN』の新作も軒並み中止となり、今はマーベル・スタジオの元で再編が行われていると言われている。
お馴染みのキャラクターたちを演じた俳優陣がリキャストされたり、世界観のリセットが起こるかは不明だが、少なくともデッドプールを演じたライアン・レイノルズは続投すると言われている。

また2021年にDisney+ (ディズニープラス)で配信されたマーベルドラマ『ワンダヴィジョン』ではFOXの『X-MEN』シリーズでクイックシルバーを演じたエヴァン・ピーターズが同役で出演(のちに偽物であることが発覚するが)しており、キャストを同じ役で出演させるといったことには何らハードルがないことも『ワンダヴィジョン』の時点で示されていた。

そういったことを考えるとまだチャニング・テイタムがガンビットを演じる可能性は十分にありえることだろう。今のところはまだ新作の『X-MEN』関連の作品のアナウンスは無いが、今後の動向にはぜひとも注目をしておきたいところだ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。