『バンブルビー』監督が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』の監督候補に?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

2018年夏に過去の過激なツイートが原因で突然ディズニーから解雇されてしまった、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手掛けるジェームズ・ガン監督。
ファンやキャストの願いむなしく、ガン監督が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』で指揮をとることはかないませんでした。

現在3作目は実質保留中となっており、公開予定年であった2020年のスケジュールからもその名前が削除されていました。

しかしここにきて、また新たな動きが海外メディアの情報から入ってきました!

『バンブルビー』のトラヴィス・ナイト監督は以前から候補に挙がっていた?

海外メディアのTHE Disinsiderは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の新たな監督として、トランスフォーマーシリーズ最新作『バンブルビー』を手掛けてトラヴィス・ナイト監督が候補に挙がっていることを報じています。

EXCLUSIVE: Disney/Marvel Are Looking At Travis Knight To Direct ‘Guardians Of The Galaxy 3’

元々トラヴィス・ナイト監督は、マーベル最新作として製作が噂される『エターナルズ』の監督候補に挙がっていた人物。結果的にはクロエ・ジャオ監督に決定していましたが、マーベル・スタジオはほかの作品でトラヴィス・ナイト氏を起用しようと考えているそうです。

その中でジェームズ・ガン監督に代わる人物として、彼の名前が挙がっているとのことです。

トラヴィス・ナイト監督は以前はアニメ作品を手掛けていることが多く、2016年には『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』を発表。2017年の第89回アカデミー賞のアカデミー長編アニメ映画賞にノミネートされた経験があります。
幼少期の経験から日本文化に非常に興味があり、親日家としてもしられています。

そんなナイト監督が『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の指揮をとるとなると、テイストも変わってくる可能性もあります。
彼自身は才能のある監督ではありますが、果たして実現した場合どのような作品に生まれ変わるのでしょうか?

ちなみに『Vol.3』の脚本に関しては、ガン監督が執筆したものをそのまま引き継ぐとの情報も以前からありましたので、その内容を他の監督がどのように表現するのか注目されています。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』は現在製作保留中とおり、公開日は未定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!