バッキーのワカンダアームには隠された機能が? - セバスチャン・スタンが意味深コメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ディズニー+でMCUのスピンオフ作品として配信が予定されているドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではキャプテンアメリカことスティーブ・ロジャースが自身のシールドをサム・ウィルソン/ファルコンへ引き継ぎ、新たな時代のヒーローを思わせる含みをのこして終了しました。

おそらくドラマの中でも大いに『エンドゲーム』の影響を受けていると思われますが、実はバッキーにもまだ隠された何かが存在しているかもしれません。

『まだ発見されていない機能がある』

『ファルコン&ウィンターソルジャー』でバッキー/ウィンターソルジャー役を演じるセバスチャン・スタンは、最近海外でのイベントに登壇し、バッキーのメタルアームに関するコメントをしました。ワカンダの技術で作られた腕にはまだ何か秘密があるのか?

Marvel’s Sebastian Stan Teases Bucky’s Wakandan Arm Has More Features That Will Be Explored

ワカンダのアームにはまだ発見されていない機能がいくつか存在しています。私はそれが気になりますが、昔のアームも恋しいですね。』

『アベンジャーズ/インフィニティウォー』にて初めて登場したワカンダ製のメタルアーム。以前の腕は『シビルウォー/キャプテンアメリカ』にてトニー・スタークが破壊されてしまいました。

ワカンダ製のアームに関しては『インフィニティウォー』でも『エンドゲーム』でも特に深く掘り下げられることはなく、正直に言うとデザインのみが変更されたような印象でした。素材はおそらくMCU世界で最も硬い金属のヴィブラニウム製であることは間違いないですが、果たしてまだ隠された機能とはどういったものなのか?
ブラックパンサーのスーツなどのギミックを見ると、ダメージを吸収して一気に開放する能力みたいなものが腕のなかに搭載されているのかもしれませんね。

『ファルコン&ウィンターソルジャー』は米国時間の2019年10月22日より撮影が開始されることをスタン自身がコメントしており、今後何かしらの情報が徐々に解禁されていくと予想されます。
ドラマはディズニー+独占で2020年秋に米国にて配信開始予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です