ホットトイズ新作!『マンダロリアン』よりマンダロリアン&グローグーが23年2月発売!トイサピ限定パーツも!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

人気フィギュアメーカーより『マンダロリアン』の新作アイテムが登場!

ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット

⇒「ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット」の販売ページ

ホットトイズ テレビ・マスターピースよりマンダロリアン&グローグーの2体セットが発売決定!
人気作品『マンダロリアン』シーズン2に登場するマンダロリアンを全高約30センチ、30箇所以上が
可動するハイエンドな1/6スケールのフィギュアとして立体化!
ヘッドは2種が付属。1つ目は、ヘルメットを被ったヘッド。劇中に登場したおなじみのヘッドパーツを再現している。

ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット

2つ目は、新規造形となる、演じるペドロ・パスカルの肖像権をクリアした素顔のヘッド。皮膚の質感や皺、髪型等を再現するため、一つひとつハンドペイントで塗装が施されており、リアルな質感やそこにいるような存在感を演出している。

ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット

シルバーのヘルメットと装甲服は、新たに光沢感のあるメッキ塗装を採用しており、業界トップクラスの技術によってベスカーが持つ独特の金属の質感を表現しているぞ。

ダークブラウンのマント、インナースーツ、銃弾を多数備えたストラップなど、質感やディテールにこだわり、細部に至るまで精巧な仕上がりだ。

左腕のガントレットは、差し替え用パーツを使用することでホイッスリング・バード発射状態を再現できる。また発射後を表現したエフェクトパーツに差し替えることも可能だ。

ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット

武器として、ダークセーバー、ベスカーの槍、ナイフ、独特な形状のブラスター・ライフル、腰のホルスターに収納可能なブラスター・ピストル、ベルトに付け外しできるサーマル・デトネーター、対クレイト・ドラゴンで使用した起爆装置が付属。ブラスター・ライフルはストラップを使用して背中に背負うことができる。

アクセサリーとして、マグネットで着脱可能なジェットパック、ガントレットに取り付け可能な火炎放射エフェクトパーツとグラップリング・フック、ヘルメットに取り付け可能なライトが付属。さらに、同スケールのグローグーを入れることのできる肩掛けバッグが付属するのは嬉しいポイント!

豊富な差し替え用ハンドパーツを使用すれば、さまざまな劇中シーンが演出できる。特別仕様の台座は、砂地を再現したジオラマ風となっているぞ。

ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット

さらに本セットには、全高約6センチのハイエンドな1/6スケールのフィギュアとして立体化した、新規造形のグローグーが同梱!
つぶらな目が愛らしいヘッドや、布製のベージュのコート、小さな3本指の手など、細部に至るまで忠実に再現。
特徴的なグリーンの皮膚は、一つひとつハンドペイントによって塗装されている。

ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット

⇒「ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット ボーナスアクセサリー付き」の販売ページ

また今回は直営店のトイサピエンス限定で、タトゥイーンでのエピソードを再現できるボーナスアクセサリーが多数付属!

ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット

コブ・ヴァンスから手に入れたボバ・フェットのヘルメットとジェットパック、襲撃によって破損したスウープ・バイクのハンドル、袋詰めされた荷物が付いているぞ。
ヘルメットを入れる網袋と、ジェットパックや荷物をハンドルに吊るすことができるストラップも付属している。

同時発表のスウープ・バイクに積み込めば、劇中シーンをさらに演出可能だ!

「ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット」は2023年2月に発売予定!
ボーナスアクセサリ付きもトイサピエンスで予約受付中だ!
https://www.toysapiens.jp/item/200022300000.html

ホットトイズ テレビ・マスターピース マンダロリアン&グローグー2体セット

出典:© & TM Lucasfilm Ltd.

関連記事を読む

コメントをする