DC映画『ブルービートル』試写の評価は上々 ー アクションが見せ場に?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DC映画として公開を予定している『ブルービートル』
DCEUシリーズに属しているのかはわかっていないが、元はドラマシリーズだったところから映画へと変更され、スタジオ側も今作のヒットを予想して制作を進めている状況だ。

そんな『ブルービートル』の試写が最近行われたことが報告されており、参加した人々からは比較的高評価なリアクションが届いたことで話題になっている。

『ブルービートル』のアクションは非常に良かったです。白兵戦のアクションが多くあり、とてもおもしろく感じました。”

今作のストーリーについてはまだ伝えられていないのだが、撮影現場では実写版のブルービートルのスーツ姿が目撃されており、その姿が”青いアイアンマン”のようなビジュアルだったことも話題になっていた。

おそらくはアーマーを着たバトルが数多く描かれることが予想されるが、DCコミックスのヒーロー中でも最近では珍しいタイプのヒーローともあり、劇中でのアクションは今回のリアクションの通り注力されていることだろう。

似たようなところだと同じく2023年に公開を控える『フラッシュ』も試写において『ダークナイト』以来の高い評価を得たことでも話題になっており、23年公開のDC映画ラインナップとしては非常に期待ができるものになっていきそうだ。

DC映画『ブルービートル』は2023年8月18日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。