『ブラック・ウィドウ』、新たな日本公開日は2021年4月29(木・祝)に決定! - 米国よりも1週間早く

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

先日2度目の延期をは発表したマーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』
そんな今作の新たな日本公開日が2021年4月29日(木・祝)に決定した!

これは米国の2021年5月よりも1週間ほど早いもので、ゴールデンウィークに向けた公開タイミングだと考えられる。
当初の公開日からは約1年ほどの延期となってしまっている。

今作はMCUシリーズの新たな章であるフェイズ4の幕開けになる予定の作品で、ブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフの過去の出来事を描く作品となっている。ヴィランには新たにタスクマスターが登場してくる。

今作の後には『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』と『エターナルズ』の2作品が2021年に公開を控えている。
また『ブラックウィドウ』に関しては、Disney+ (ディズニープラス)のスピンオフドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』とも関係していると予想されている。そのためドラマの方も同じく延期になっている可能性が高いのだ。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の公開から約2年の時を経て、『ブラックウィドウ』が無事に公開することを願いましょう。

関連記事を読む

コメントをする