『ブラックウィドウ』、『エンドゲーム』のナターシャの犠牲への決意の理由を示す? ー 主演女優がコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズのフェイズ4の最初の映画として公開を控えている『ブラックウィドウ』。今作は『シビルウォー/キャプテンブリテン』と『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の間のナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウの活躍を描くとされており、空白の期間の謎やブダペストでの出来事について明かされていくことになっている。

そんな今作について主演のスカーレット・ヨハンソンは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でナターシャが自らを犠牲にすることになった理由が示されることをコメントしている。

「ある程度の解決策を持っている」

ブラックウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンは海外メディアのトータルフィルムのインタビューに答え、今作のストーリーが『エンドゲーム』でのナターシャの行動の理由の答えを与えると話した。

Scarlett Johansson Eager For Black Widow’s Avengers: Endgame Death To Get Resolution Among Fans

『私たちの目標は、(ファンが)このストーリーに満足してくれることでした。彼女の死によってファンは何かしらの答えを持っていると思いますが、人々はその理由を望んでいると思っています。』

スカーレット・ヨハンソンが話すファンが満足するストーリーというのは、まさに『エンドゲーム』までに行きつくナターシャの心情の変化が描かれていることを表しているのだろう。それがファンが望むものであるともコメントしている。

もちろん『エンドゲーム』だけでも彼女が贖罪的な意味合いで身を投じたとも受け取ることができるが、その深掘りがよりできるのが『ブラックウィドウ』なのではないかと思える。きっと映画を見た後ならば『エンドゲーム』でのナターシャの行動も違ってみるはずだろう。

そんな『ブラックウィドウ』は2021年7月9日に待望の日本公開を迎える。今回は映画館での上映と同時に、Disney+ (ディズニープラス)でのプレミアムアクセスの配信も決定している。

関連記事を読む

コメントをする