『ブラックパンサー:WF』チャドウィック・ボーズマン生前の脚本は? ー 監督「ティ・チャラに根ざしていた」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして公開を控えている映画『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』
今作は『ブラックパンサー』でティ・チャラ/ブラックパンサーを演じた俳優のチャドウィック・ボーズマンが、2020年に闘病の末に逝去しており、それが理由で、脚本もティ・チャラが亡くなった後の世界を舞台にした物語と大幅に書き換えられたとされている。

そんな今作の脚本について、ナキア役のルピタ・ニョンゴライアン・クーグラー監督がチャドウィックの生前当時の脚本について海外メディアにコメントしてくれた。

ルピタ・ニョンゴ『目を失い、すべてが変わってしまった。脚本は彼を中心に回っていました
ライアン・クーグラー監督『チャドウィックが亡くなる前に私たちが書いていた脚本は、ティ・チャラの視点に非常に根ざしていました。とても規模の大きい映画であると同時に、彼の精神と状況を深く掘り下げた人物研究でもありました』

当たり前ではあるが、やはりティ・チャラを主人公として、それを中心に物語が展開していくことが予定されていたようだ。より彼の人格などを掘り下げることで、国王として、ヒーローとしてのティ・チャラの物語を展開されていったに違いないだろう。

ネイモアが登場することが決まっていたのかは不明だが、チャドウィック・ボーズマンが亡くなる前からもネイモアのウワサはあったため、以前の脚本でも同じようにワカンダとネイモアのタロカンの争いが描かれていたと推測される。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』はティ・チャラが亡くなった後のワカンダを舞台にしており、妹のシュリは彼の死を乗り越えることができないでいるところから物語が始まるとしている。

予告編やポスターからは新しいブラックパンサーがシュリであることが匂わされているが、いまのところは明確には示されていない。

果たしてティ・チャラ亡き世界で、ワカンダの国民や新しいブラックパンサーはどのような脅威に立ち向かっていくのだろうか?映画は2022年11月11日に日本公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。