『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』にミカエラ・コール出演の報道 ー 役柄は不明

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズとして製作が予定されている最新作の『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』
公開日も決まっており、脚本も完成しているため、いよいよ撮影が開始というタイミングとなっているが、ここに来たまた新しいキャストが追加されたことがわかった。

‘Black Panther’ Sequel Casts Michaela Coel (EXCLUSIVE)

新たに映画に参加することになったのは女優のミカエラ・コール。彼女はHBO Maxドラマ『I May Destroy You(原題)』に出演したことで海外では有名である。演じる役についての詳細はわかっていないとのことだ。一方で主要キャラになるともいわれているため、彼女の動向には注目すべきだろう。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』はティ・チャラ/ブラックパンサー役の俳優チャドウィック・ボーズマン氏が2020年に闘病の末亡くなってしまっている。それを受けて今作の製作がどうなってしまうのかも注目されているが、今のところ大きな変更はなく進められているようだ。

ティ・チャラ役のリキャストやデジタル技術によるチャドウィック・ボーズマン氏の再現などをするつもりはないことはマーベル・スタジオ側から明かされており、ファンの間では新しい主人公が登場するのではないかともいわれている。

まだまだ謎多き作品である『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』は2022年7月8日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする