『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』、ネイモア& Dr.ドゥーム登場か ー エムバクにも重要な役割が?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして制作が進んでいる映画『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』
今作はティ・チャラ/ブラックパンサーを演じていた故チャドウィック・ボーズマンが亡くなってから最初の映画となっており、他の作品よりも注目度の高い映画となっている。

そんな今作にてマーベルの架空の国の王であるキャラクター二人が登場すると海外メディアのBleedingcoolの記事が伝えている。

記事ではマーベル世界の海底帝国のアトランティスの王であるネイモアが登場すると伝えており、活躍としては『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でのブラックパンサーほどの登場になると伝えている。

また架空の国であるラトヴェリアの君主Dr.ドゥームも映画に登場するとしているが、大きな役割があるわけではないともしている。

ブラックパンサー、ネイモア、Dr.ドゥームはすべて一国の君主をしているキャラクターたちということもあり、一見すると共通点もあるように思える。またヒーロー、ヴィラン or ヒーロー、ヴィランというそれぞれの立ち位置も微妙に異なっている点も面白い部分だ。

ネイモアとDr.ドゥームについては以前にも今作に登場することがウワサされているが、公開が迫っている時期に改めて伝えられているところを見ると、あながち間違いではないのかもしれない。

ちなみに別の海外メディアの記事によれば、ティ・チャラのライバル的な存在であるエムバクが今作において重要な役割を担っているとも伝えている。
一部のファンの間ではエムバクがブラックパンサーを継ぐという説も囁かれていたため、もしかするとそれが事実であるということを示しているのかもしれない。

いずれにしても公開が近づけば予告編などの解禁もされて全貌が明らかになっていくだろう。
『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』はシュリ役のレティーシャ・ライトの撮影中の事故による怪我で長らく制作が中断していたが、最近になってようやく再開されて、2022年11月11日に全米公開に向けて制作が進んでいる。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。