『ブラックパンサー』、”先代”ブラックパンサースーツのコンセプトアートが公開!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

アメリカにてスマッシュヒットを飛ばすマーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』。日本でもあと数日で公開が迫ってきました!
そんな中、マーベル映画ではおなじみのイラストレーターのアンディ・パーカー氏が、先代ブラックパンサーのスーツのコンセプトアートを公開しました!


各所に金の装飾品を付け、胸には防弾チョッキのようなものを身にまとっています。そしてコミック版のブラックパンサーを意識してか、襟の大きなマントを付けています!
実写映画のブラックパンサーはアイコンでもあったマントが一度も登場していないので、これは逆に新鮮ですねー。

このスーツを着ているのは主人公のティ・チャラではなく、その父のティ・チャカ。彼が若い頃にブラックパンサーとして活動していた時の姿なのでしょうか?
ティ・チャカは2016年の『シビルウォー/キャプテンアメリカ』にてテロの巻き添えになり死亡しています。今後復活することはまずなさそうですし、今回公開された先代ブラックパンサーのスーツも映画に登場することはないかもしれませんね。

しかしこういった劇中には登場しない設定もファンとしては非常に楽しめるポイントです!

『ブラックパンサー』は3月1日より日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!