『ブラックアダム』の予告編がイベントで解禁 ー JSAとの対決も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズのひとつとして待望の公開日が迫っている『ブラックアダム』の初の予告編が、イベント「CinemaCon」のなかで解禁された。
オンラインではまだ解禁されていないが、その内容の一部が海外メディアからの情報で明らかになった。

『ブラックアダム』の映像では「私は死んだときは奴隷だった。生まれ変わったときは神になっていた。」というブラックアダムのセリフとともに、奴隷だった古代から、現代に蘇ったブラックアダムの姿が描かれている。

砂漠ではブラックアダムがヘリコプターを撃墜したり、ミサイルをキャッチして投げ返すというスーパーパワーを振りかざす暴れっぷりを見せている。

また映像ではヒーローチームのジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカのメンバーであるドクター・フェイトが登場し、ブラックアダムの力を危惧していたり、ブラックアダムと対峙するホークマンの姿も確認されている。

すぐにでも映像を解禁してほしいところではあるが、ブラックアダムを演じるドウェイン・ジョンソンのアクションにも注目をしたいところだ。

今作はDCEUシリーズとしては『スーサイド・スクワッド』関連以外での初のヴィラン主人公映画となっており、シャザムと対になるパワーを持つライバルのブラックアダムのオリジンと活躍を描く。『シャザム!』のなかでもその存在は語られていたが、本格的に登場するのは今回が初めてだ。

また同時にJSAに所属するドクター・フェイト、ホークマン、アトム・スマッシャー、サイクロンなどのヒーローたちも初登場することから、DCEU世界のヒーローが一気に増えることになる。彼らの今後の活躍にも注目だ。

『ブラックアダム』は2022年10月21日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

「ブラックアダム」のレビューをみる

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。