『ブラックアダム』、2021年4月より撮影開始へ - プロデューサーがコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

DXコミックスの新作映画として製作が予定されている『ブラックアダム』。昨年には主演のドウェイン・ジョンソンが演じるブラックアダムの姿を描いたコンセプトアートが公開されたり、今作に登場するヒーローチームのジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカの登場が明らかになるなど、非常に期待が込められている映画でもある。

一方で新型コロナウイルスの影響で公開日は未定の状態となっているが、今作の撮影開始がどうやらすぐに迫ってきているようだ。

延期中にストーリーが再構成?

海外メディアのインタビューに答えた『ブラックアダム』のプロデューサーを務めるハイラム・ガルシア氏は、今作が2021年4月より撮影を開始することを明らかにした。

Black Adam Begins Production In Georgia In April

『私たちは4月に撮影を開始します。私たちはすでにジョージア州にいます。とても興奮しています。』

今作は本来昨年の夏には撮影を開始するといわれていたが、新型コロナウイルスの影響によって大幅に延期を強いられていた。その間に今作に出演するキャストが数多く明かされ、その期待はますます上がってきている。

ガルシア氏はほかにもインタビューのなかで、延期中に今作を再構成していたことを明らかにした。

『去年は撮影していたはずでした。新型コロナウイルスはみんなを遅らせてしまい、邪魔な存在だったけど、そのおかげで再構成することもできた。』

ここでコメントされている再構成というものが具体的にどういったものかはわかったいない。ほぼ同時期に撮影が始まる『シャザム!ザ・フューリー・オブ・ザ・ゴッズ』との関係も気になるところだろう。

果たして『ブラックアダム』はどのような作品になっていくのだろうか?今後の情報に注目していこう。

関連記事を読む

コメントをする