『ブラックウィドウ』第2弾予告が公開! - 新規映像にはタスクマスターVSナターシャのシーンも!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2020年最初のマーベル映画にして、MCUシリーズのフェイズ4幕開け作品となる映画『ブラックウィドウ』の第2弾予告が解禁されました!

予告にはスカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウと、フローレンス・ピュー演じるエレーナのやりとりが、前回の予告よりも多く盛り込まれています。
またデヴィッド・ハーバー演じるレッドガーディアンの戦闘シーンなど、数多くのアクションが追加されています。

そして予告最後には今作のヴィランであるタスクマスターも登場。おなじみのフード姿でシールドを持ち、ナターシャとの戦闘で華麗に銃撃を防ぐ姿が確認できます。またナターシャの同じ身のこなしで起き上がるシーンでは、相手の戦闘スタイルを完全コピーするタスクマスターの能力が現れています。

今のところタスクマスターの正体やキャストについては明らかになっておらず、おそらく今作の最大の謎の1つになるとみられます。

同時に今作のあらすじも公開されました。

『マーベル・スタジオのアクション満載のスパイ映画「ブラック・ウィドウ」では、ナターシャ・ロマノフ、別名ブラック・ウィドウの過去と関係のある陰謀が起こった時、彼女は自身の帳簿の暗部と直面します。スカーレット・ヨハンソンはナターシャ/ブラック・ウィドウ、フローレンス・ピュー/エレーナ、デビッド・ハーバーはアレクセイ/レッドガーディアンを演じ、そしてレイチェル・ワイズはメリーナを演じる。ケイト
ショートランド監督、ケヴィン・ファイギのプロデュースによって、マーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ4の最初の映画2020年5月1日に全米公開予定』

『ブラックウィドウ』はナターシャの出自を描くとともに、クリント・バートン/ホークアイとの間で起きたブダペスト事件や、『シビルウォー/キャプテンアメリカ』と『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の間の時系列で起きた出来事に焦点を当てた内容となっています。

スカーレット・ヨハンソンによると今作はシリーズ化するとも示唆されており、今後の展開にも注目です。

『ブラックウィドウ』は2020年5月1日に日米同時公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です