スカーレット・ヨハンソン、『ブラックウィドウ』が予想以上のストーリーになることを約束! - 『エンドゲームでの理解の機会を与える』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

11月に公開延期されてしまったMCU最新作『ブラックウィドウ』
すでに予告編はいくつか公開されていたが、その全貌が明らかになるまではまだまだ時間がかかる。

そんな中で主演を務めるスカーレット・ヨハンソンがインタビューに答えている。

『エンドゲーム』前に製作されても成立しなかった?

『ブラックウィドウ』で主人公のナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウを演じるスカーレット・ヨハンソンは、海外メディアのインタビューに答え、今作がなぜ今のタイミングでの公開となったのか、そしてどのようなストーリーが用意されているのかをコメントしてくれた。

Black Widow: Scarlett Johansson Promises Unexpected Emotional Dive

昔ではこれほど深く切り込むことができなかったと思います。たぶんもっとストレートなスパイアクションだったでしょう。今回の映画はそれとは別の方法によってもっと派手になっているので、当時ではこの映画でやったことのほんの一部しかできなかったと思います。
深く掘り下げていかない限り、ブラックウィドウの単独映画を作る理由はありませんでした。マーベルスタジオでの映画のすべての仕事に満足しています。「アベンジャーズ/エンドゲーム」にもとても満足していると感じています。ブラックウィドウというキャラクターが10年間を通して芸術的かつ創造的になりました。この映画はなぜナターシャが「アベンジャーズ/エンドゲーム」で究極の犠牲を払うことを決心したのかについての癒しと理解の機会を与えてくれます。

おそらくはブラックウィドウの単独映画の製作に関しては以前から何度も計画されていたことが予想される。現に幾度にもわたって海外から製作に関する動きが入ってきていたのだ。

そして『アベンジャーズ/エンドゲーム』と大きく関わらせることによって今作の立ち位置は非常に異なるものとなった。ただ単にナターシャの起源をめぐるストーリーになる回顧録ではなく、なぜ『エンドゲーム』で犠牲を払うことを厭わなかったのかを明らかにしてくれる。『エンドゲーム』の補完的な意味合いもあるのだ。

スカーレット・ヨハンソンはコメントの中で「ナターシャという人間が誰であるのか」、そして「彼女のを動かす原動力」も映画のなかで明らかになるとしている。
加えてストーリーについても次のようにコメントした。

『私たちが本当に元にしたかったコミックやストーリーはありませんでした。ブラックウィドウには何千もの異なるストーリーが存在しています。そのため私たちがなにをしようとしているかは明確にはありませんでした。(中略)そしてケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ代表)は非常に巨大で予想できない方法を考えています。ケヴィン・ファイギの才能はファンが本当に期待していることを常に考えていることです

『ブラックウィドウ』のストーリーもまた、コミックにはない唯一無二のストーリーのなることは間違いない。今のタイミングだからこそできるナターシャ・ロマノフというキャラクターの活躍に期待しておこう。

今作は2020年11月6日に日本公開予定だ。

ゆとぴのひとこと

今は我慢のとき。1年以上のMCUの新作が公開されないのは久しぶりのことだけど、スカーレット・ヨハンソンの言う通り予想以上の楽しみが待っていることに期待しておきましょう!
@frc_watashi_ame

関連記事を読む

コメントをする