『ブラックウィドウ』最終予告&ポスターが公開! ー ヒーローのスタイルをコピーするタスクマスター

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズのフェイズ4の最初の作品にして、初の単独映画作品『ブラックウィドウ』の最終予告編がついに公開された!

予告編ではスカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウと、彼女の家族同然の存在であるエレーナ(フローレンス・ピュー)、メリーナ(レイチェル・ワイズ)、そしてアレクセイ・ショスターコフ/レッドガーディアン(デヴィッド・ハーバー)が登場。そして今作のメインヴィランであるタスクマスターも今回はふんだんに新規カットが公開されている。

タスクマスターはナターシャのような暗殺者を生み出したレッドルームの支配者としてエレーナが話している。
予告でのタスクマスターは新たにブラックパンサーのように爪を使った戦闘スタイルを披露している。そのほかにもナターシャが初登場した『アイアンマン2』の彼女の戦闘を見ている姿も公開されている。

なぜタスクマスターをはじめとしたレッドルームの暗殺者たちがナターシャたちを狙っているのかは明かされていない。予告にはサンダーボルト・ロスの姿もあるがなにか関係しているのだろうか?

今回は予告に合わせて新たなポスターも公開された。

ナターシャをはじめとしたメインキャラクターやタスクマスター、そして複数のブラックウィドウと呼ばれる女暗殺者の姿も。また右上にはO・T・ファグベンルが演じる謎のキャラクターも確認できる。彼は予告にも登場していないが果たしてなにものなのか?

タスクマスターの正体も今のところ謎めいており、ひょっとするとO・T・ファグベンルが演じているのがタスクマスターの正体の可能性もある。ただそれだとあまりにもそのまますぎる。なにかひねりを加えてくる可能性やすでに登場しているキャラクターである考えられる。
また著名な俳優が演じるといったサプライズが用意されているのだろうか?

MCU最新作『ブラックウィドウ』は2020年5月1日に日米同時公開予定

関連記事を読む

コメントをする