『ブラックウィドウ』、ブダペストで撮影が行われているとの情報 - ついにあの真相が明らかに?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開され、10年以上に及んだインフィニティサーガは終焉を迎えました。

ただMCUシリーズにはまだ謎に包まれているものも多く存在しており、単独映画『ブラックウィドウ』ではナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウの過去の活躍を描くため、さまざまな謎が解明されていくのではないかといわれています。

そんな中、海外からの新たな情報では今作が現在ハンガリーのブダペストで撮影が行われていると報じています。

ブラックウィドウとホークアイの過去が明らかに?

一部の海外メディアはスカーレット・ヨハンソン主演の『ブラックウィドウ』が、ハンガリーにあるブダペストで撮影が行われているとの情報を報じています。

Black Widow Movie May Finally Reveal What Happened In Budapest

今作は以前に2019年6月撮影開始といわれていましたが、先日早くもイギリスでの撮影が目撃されていました。

近いうちにはブダペストへ場所を移しての撮影が行われると予想されます。

ブダペストといえば『アベンジャーズ』や最新作の『エンドゲーム』でも登場した、ブラックウィドウとホークアイの過去にあった何かしらの出来事を指すときに口にされています。
いまだにブダペストで2人の間になにがあったのかは明かされていません。いつ真相が明かされるのか疑問に思っているファンも多く、過去の時系列の『ブラックウィドウ』でブダペストの出来事が描かれるのではないかといわれていました。

もし今回の情報が本当ならば、ブダペストでの出来事に焦点を当てた内容がストーリーの中に盛り込まれている可能性があります。

ただ以前の情報ではバッキーを演じるセバスチャン・スタンがイタリアのイベントに登壇した際、今作が『シビルウォー/キャプテンアメリカ』と『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の間の出来事になるとコメントされていました。
もちろんどこまで信ぴょう性があるものなのかはわかっていませんが、関係者の情報ということで非常に注目されています。

セバスチャン・スタンの言う通りの時系列ならば、どのような展開でナターシャがブダペストへ向かうことになったのかも気になりますね。もしかしたら回想という形で過去の出来事について描かれるかもしれません。

様々なうわさが飛び交っている『ブラックウィドウ』は2020年に公開すると予想されています。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!