『ブラックウィドウ』出演のデヴィッド・ハーバーが演じるのはレッド・ガーディアン! - ナターシャとは敵対か?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついにマーベルスタジオがその存在を公式に発表した映画『ブラックウィドウ』。すでに撮影は進められており、スカーレット・ヨハンソン主演でブラックウィドウの過去を描いていきます。

そして追加キャストとして発表されて内の1人の役名がブラックウィドウにとって大きく関わりのあるキャラクターであることが明かされました。

ナターシャの元旦那で敵対者?

スカーレット・ヨハンソン主演の『ブラックウィドウ』へ出演がアナウンスされた、『ストレンジャーシングス』など出演のデヴィッド・ハーバー。新たな情報によると彼が演じるのはソ連のキャプテンアメリカとも呼ばれるレッド・ガーディアンであることが明らかになりました。

Black Widow Star David Harbour’s Role Revealed

レッド・ガーディアンこと本名アレクセイは、ソ連のKGBのエージェントであり、ナターシャ・ロマノフの元旦那であったという設定も存在しています。
ソ連に忠誠を誓うレッド・ガーディアンはその後ナターシャとは敵対する関係へとなっています。

映画の中で実際にナターシャと敵対することになるかはわかってはいません。少なくともMCU世界の現代にソ連が存在しているのかもわかってはいません。

少なくとも何かしらの形でレッド・ガーディアンが登場するのはファンとしては非常に注目度の高いポイント。
果たしてナターシャ・ロマノフとはどういった関係になるのか?今後の情報に注目です。

『ブラックウィドウ』は2020年5月1日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です