ブラックウィドウとブルースのロマンスはどうなったの? - スカーレット・ヨハンソンがコメントで明かす

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

MCUフェイズ4の第1作目として公開が予定されているスカーレット・ヨハンソン主演の『ブラックウィドウ』。今作では『シビルウォー/キャプテンアメリカ』の後の時系列で描かれており、ブラックウィドウことナターシャ・ロマノフの過去にも迫る内容となる予定です。

ただファンとして気になるナターシャとブルース・バナー/ハルクとのロマンスがどうなってしまったのかという点ですよね。

このことについてスカーレット・ヨハンソン本人がインタビューの中でコメントをしています。

『彼らはより良いもののための選択をした』

『ブラックウィドウ』で主演を務めるスカーレット・ヨハンソンは、海外メディアのハリウッドレポーターのインタビューに答え、ナターシャとブルースのロマンスがどうなったのかをコメントしています。

The Season of Scarlett Johansson: Two Hot Films, Her Marvel Future, Woody Allen and a Pick for President

彼らはより良いもののための選択をしました。誰もが運営の人に会うような場所があるのは違いないと思いますが、今回は適切な時間ではなかった。』

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』から始まったナターシャとブルースの関係は、映画のラストでブルースが失踪してまったことにより大きな展開をみせることはありませんでした。

その後『アベンジャーズ/インフィニティウォー』で再会した2人ですが、そこでも大きな進展はありませんでした。『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではナターシャの死を悼むブルースの様子が描かれていましたが、5年間の間で2人になにがあったのかは言及されていませんでした。

今回のスカーレット・ヨハンソンのコメントでは結局のところ2人の間は特に進展することはなかったといいます。

『エンドゲーム』以降の時系列になる作品では描かれることはないナターシャとブルースのロマンスですが、『ブラックウィドウ』の中で何かしらの形で触れられることを期待したいですね。少々不完全燃焼なところもあるため、今後の作品に期待です。

『ブラックウィドウ』は2020年5月1日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!