『ブラックウィドウ』日本公開が7月9日(金)に決定 ー 米国同様にディズニープラス同時配信も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの新作として公開を控えている『ブラックウィドウ』の新たな公開日が7月9日(金)になることが分かった。

当初の公開予定日だった2020年5月だったころから、新型コロナウイルスの影響によって複数回の延期を余儀なくされており、おそらく今回が最終版となる公開日になるようだ。

今回は日本の劇場公開と同時に、ストリーミングサービスのDisney+ (ディズニープラス)での同時配信も予定されており、月額料金とは別の「プレミアムアクセス」という形で配信される。昨年には実写版『ムーラン』でも同様の対応が行われていた。
具体的な金額は明かされていないが、劇場鑑賞よりも高い3000円ほどの価格帯になると考えられる。

懸念される点は劇場での公開スクリーンの縮小だ。劇場で楽しみたいファンにとっても大スクリーンでマーベル映画を見るというのは非常に重要なポイントだろう。

また合わせて『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』は9月3日(金)に劇場公開されることも発表されている。

不透明な状況のなかでもようやく公開されることとなる『ブラックウィドウ』は7月9日(金)より劇場公開&配信開始予定だ。

関連記事を読む

コメントをする