ブラックスーツ・スパイダーマンは映画に登場するのか? ー 『NWH』以降の展開とは

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズで『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降、最も注目が集まっている映画が『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』だ。
数々のクロスオーバーが示唆されながら、MCUシリーズにおいては一旦の完結編にもなる作品なだけに、さらに注目度は上がっている。

そんな中で海外の掲示板などではスパイダーマンにヴェノムのシンビオートが寄生したブラックスーツ版のスパイダーマンが登場するかどうかについてにわかに話題になっている。
そして様々なスクープを共有し、いくつかは的中させている情報ソースは意味深なことを発信している。

SPIDER-MAN: NO WAY HOME Could Set The Stage For Spidey To Don A Certain Black Costume In The MCU

トム・ホランドのピーター・パーカーは、「ノー・ウェイ・ホーム」のあとにMCUで黒いシンビオートスーツを手に入れるだろう』

突飛な情報ではあるが、今後のMCU世界においてピーター・パーカーはファン待望のシンビオートスーツを手に入れると投稿している。
証拠が確認されているわけではないため半信半疑ではあるが、もし事実だとすればサム・ライミ監督の『スパイダーマン3』以来の実写でのブラックスーツのスパイダーマンとなる。

そうなればMCU世界においてもシンビオートやヴェノムの存在が不可欠となるが、いまのところソニー・ピクチャーズの『ヴェノム』はMCUとは別世界という設定になっている。また同一の世界だとしてもエディとの関係が気づかれたヴェノムが、改めてピーター・パーカーに寄生する理由は一体何なのだろうか?
エディとピーターの関係もないため、辻褄合わせにどのような手段をとってくるのかは気になるところだろう。

おそらくは今後数年間はスパイダーマンを中心とした映画のシリーズをソニー・ピクチャーズが展開していくため、長い目で見ればブラックスーツのスパイダーマンが登場シてもおかしなことではないだろう。

果たしてトム・ホランドが演じるピーター・パーカーは、シンビオートに寄生されてしまうのだろうか?今後の情報に注目をしておこう。
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする