『ブラックパンサー』続編出演の情報のテノッチ・ウエルタ、謎の写真を投稿 ー ウワサではネイモア役とも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

現在撮影が進んでいるMCUシリーズ最新作『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』
今作は未だに謎に包まれている部分が多く、主演予定だった故チャドウィック・ボーズマン氏の後を誰が継いでいくのか、メインヴィランは誰になるのかなどの大まかな情報も入ってきてはいない。

そんな中で今作に出演がウワサされている俳優のテノッチ・ウエルタは、自身のインスタグラムにて気になる写真を投稿している。

これはプエルトリコにあるベニート・フアレス像の写真だ。
写っているもの自体は特に意味があるものではないが、気になるのはそれがプエルトリコであるということだろう。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』はシュリ役のレティーシャ・ライトが撮影中の事故から復帰し、1月から撮影が再開しているが、現在はプエルトリコのリッツカールトンホテルで撮影を進めているとされている。

そのためテノッチ・ウエルタがプエルトリコにいることは高確率で、今作への出演を裏付けていると見られている。

テノッチ・ウエルタは公式に出演が確認されているわけではなく、演じる役柄についてもまだわかってはいない。
一方でウワサではアトランティス帝国の王であるネイモア・サブマリナーを演じると言われているのだ。

ネイモアは映画の企画時点から登場が囁かれており、今作の撮影現場からでも海のシーンがあることが確認されていることから、徐々にネイモア登場の可能性は高くなっている。

もしテノッチ・ウエルタが出演していることが事実であれば、同時にネイモアを演じていることも確実になるのではないかと推測されている。

果たしてネイモアは『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』でMCU世界でデビューすることになるのだろうか?今後の情報には注目だ。
映画は2022年11月11日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。